先進的なサイバー脅威が企業を震撼させるリスクとして台頭することになった昨今、セキュリティは新たな考え方で臨むことが求められています。企業は旧来のブロック偏重の対策を脱し、モニタリングによる可視化やその対応を実施することがセキュリティ対策として重要となってきています。当セミナーでは、有効となるセキュリティ対策のあり方やRSAのツール、サービスに至るまでをご紹介し、喫緊の課題であるサイバーセキュリティ対策にお役立て頂けます。

セミナー概要

 

名称


今後求められるサイバーセキュリティ対策ツールとサービス

フォレンジックツールから人材支援サービスまで

日時

20181218日(火)1500172514:45受付開始)

会場

EMCジャパン株式会社 本社 新宿マインズタワー20F
151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 会場地図

定員

10

受講料

無料(事前登録制

対象

大手・中堅企業のセキュリティ担当、担当マネージャ、リスクマネージャ
競合他社様・個人事業主の方の参加はご遠慮いただいております。

主催

EMCジャパン株式会社 RSA


  プログラム


15:00-15:15

昨今のサイバーセキュリティとRSAの考え方


EMCジャパン株式会社 RSA
マーケティング部 部長
水村 明博

ここ数年で増加するサイバー脅威について振り返って考えたとき、いまサイバーセキュリティ対策には何が求められているのでしょうか。RSAはサイバーセキュリティに対する考え方として、ビジネス主導型セキュリティ(Business-Driven Security)を提唱しています。当セッションでは、その考え方についてお話しします。

15:15-16:00

有効なセキュリティ対策を見極めるには
~ 脅威ベースのアプローチ

EMCジャパン株式会社 RSA
事業推進部 セキュリティコンサルタント
依田

ランサムウェアの流行、閲覧しただけで感染するWebページ、内部ネットワークへの脆弱性攻撃、記録的なトラフィックを発生させるDDoS攻撃。日々進化するサイバー脅威に対し、組織は多層かつ将来に渡って対策を維持し続ける必要があります。このセッションでは、脅威を攻撃手法で分解した上でのセキュリティ対策の在り方についてご紹介します。

16:00-16:10

休憩

16:10-16:40 サイバー脅威を可視化する全方位型SIEMとは?

EMCジャパン株式会社 RSA
事業推進部 ビジネスデベロップメントマネージャー
能村 文武


企業におけるサイバー脅威が高まるなか、対抗する製品やサービスの選定も難しくなってきています。限られた人員で効率よくインシデントの対応をするためにどんなソリューションを選ぶべきか、その考え方と最新のテクノロジーについてご紹介します。
16:40-17:10 実践に移るために利用して頂けるRSAのサービス群

EMCジャパン株式会社 RSA
事業推進部 セキュリティコンサルタント
依田

EMCジャパン株式会社 RSA
システムズ・エンジニアリング部 Incident Responseコンサルタント
白河 勇毅


サイバーセキュリティへの取り組みは、ツールの利用の仕方やインテグレーションが想像しにくい、あるいは社内のセキュリティリソースに限りがあるなど、難しい壁があることも我々は承知しています。当セッションでは、サイバーセキュリティ対策の勘所となるポイントを集約したRSAのサービス群をご紹介します。
17:10-17:25 質疑応答


※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

お申し込みフォーム