ITインフラの変革とともに、オンプレミス環境とクラウド環境はますますハイブリッドに利用されるようになっています。コスト削減や運用効率化を目的に、AWSなどの活用が進んでいる実情かと推察します。しかし、現場の生産性向上に注力した結果、セキュリティへの対応が後手になりつつあるのではないでしょうか?当セミナーでは、そのような皆様の問題に答えるべく、このようなハイブリッド環境の実情と、RSAが提案する可視化の方法についてお話しします。是非ご参加ください。

■  セミナー概要

 

名称

サイバー脅威に対抗するための”見える”クラウドとは!?

~AWSなどクラウドの活用で進む インフラ改革のセキュリティ

日時

2019619日(水)1600173015:45受付開始)

会場

EMCジャパン株式会社 本社 新宿マインズタワー20F
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 [会場地図

定員

10

受講料

無料(事前登録制

対象

大手・中堅企業のセキュリティ担当、担当マネージャ、リスクマネージャ
競合他社様・個人事業主の方の参加はご遠慮いただいております。

主催

EMCジャパン株式会社 RSA


  プログラム


16:00-16:20

いま何故クラウドの可視化にフォーカスするのか
~クラウドに求められるこれからのセキュリティ

EMCジャパン株式会社 RSA
システムズ・エンジニアリング部 部長
梅木 和年

コスト削減や運用効率化を目的に、企業インフラはオンプレミスからクラウドへの移行が進んでいます。その移行のなかで、セキュリティレベルを移行することが難しく、昨今のサイバーセキュリティで重要な対策を諦めたり、妥協しているケースは無いでしょうか?クラウドで求められるサイバーセキュリティを整理しながら、オンプレミスで保てていたセキュリティのレベルに近づける方法を解説します。

16:20-17:00

クラウド環境も包含するセキュリティ可視化ソリューション

EMCジャパン株式会社 RSA
事業推進部 プロダクトスペシャリスト
柳川 玖莉亜

セキュリティに特化したネットワークフォレンジクスの需要は増大しています。今後はクラウドを含めたより多様な環境下でのセキュリティ可視の要件が求められてくる中で、RSA NetWitness Networkによる柔軟な分析基盤を事例を交えてご紹介いたします。

17:00-17:20

新機能~RSAにしかないUEBAとは!?

EMCジャパン株式会社 RSA
事業推進部 ビジネスデベロップメントマネージャー
能村 文武


インシデント対応のための分析基盤RSA NetWitness® Platformに、機械学習によってユーザ及び端末の通常挙動をプロファイリングして、異常値を検出する製品が新たにラインアップに加わりました。将来的にはクラウド環境での挙動も視野に入れた製品の概要をご紹介いたします。

17:20-17:30

質疑応答


※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

下記【個人情報の取り扱いについて】の内容をご確認いただき、同意いただいたうえで本セミナーにお申込ください。

【個人情報の取り扱いについて】
本セミナーは、EMCジャパン株式会社が主催者となって行われるプログラムです。
ご提供いただく個人情報は、当社の「個人情報保護方針」にもとづき「個人情報の取扱いについて」に記載した方法に従って管理し利用いたします。同意いただいた上でご記入ください。
当社の「個人情報保護方針」ならびに「個人情報の取り扱いについて」は以下に記載したとおりです。
「EMCジャパン個人情報保護方針」はこちら >>
「EMCジャパンの個人情報の取扱いについて」はこちら >>

お申し込みフォーム